アパートとマンションの違い

アパート

アパートの多くは木造建てや軽量鉄骨造となります。その為、マンションと比較すると防音性が劣ってしまうのです。ですが、最近のアパートは防音性がある物件が多くなっているので不動産に相談してみましょう。

マンション

マンションの特徴として挙げられるのは、家賃や共益費がアパートよりも高いということです。しかし、その分エレベーターが付いていたり防音性が高かったりというメリットがあります。

初期費用にかかるもののリスト

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 日割家賃
  • 仲介手数料
  • 賃貸保証料
  • 火災保険
  • 鍵交換費用

賃貸に関する口コミ

初期費用が安くなった!

引っ越しを考えていた時に気になっていたのが初期費用です。なので、どうにか安くならないか考えていました。そんな時に、知ったのが敷金礼金ゼロの物件です。この敷金礼金ゼロの物件を選んだことで予算内に収まる初期費用にできましたよ!

相談してみるべし!

浜松にあるお気に入りの物件にエアコンがついていなくて、どうしようと悩んでいました。「自分で取り付けたらお金もかかるしなぁ」と思って不動産に相談してみたんです。返ってきた応えが「良いですよ」でした!相談してみるべし!ですね!

[PR]品川のシェアハウスが魅力的★
家賃を抑える方法を伝授!

[PR]城東区で賃貸選び
お洒落なお部屋がきっと見つかる!

[PR]仲介手数料無料で対応してくれる
理想の物件を見つけよう☆

[PR]出張時には京都マンスリーマンションを利用すべし!
手頃な価格で利用可能☆

[PR]浜松の賃貸アパートを多数紹介
理想の物件を見つけよう☆

賃貸物件の初期費用を安くしたい!まずは不動産に相談をしよう

ウーマン

初期費用を抑えるには・・・

城東区へ引っ越しの際にネックとなるのが初期費用です。この初期費用は大きな金額となるので「できるだけ安く」と考えている人が多いでしょう。ですが、どうすれば初期費用を抑えられるのかと知っている人は多くはありません。ですから、賃貸で初期費用を抑えるポイントを知っておいて下さい。まず、ポイントとして挙げられるのが敷金礼金ゼロの物件を選ぶことです。以前までは高い敷金礼金を支払わなければいけませんでした。しかし、最近は敷金礼金ゼロ物件が増えているので、探すのに困難を要するということはないでしょう。さらに、フリーレントかどうかも確認しておいて下さい。フリーレント物件とは、指定された月のアパートの家賃が無料になります。その結果、初期費用を抑えられるようになるのです。この他にも、日割家賃交渉をすることで初期費用を抑えられます。その他にも、仲介手数料無料物件なども多く存在するので、このような点を知っておけば初期費用を抑えることが可能になるでしょう。

快適な暮らしを叶える

万が一、初期費用を抑えることが難しい場合は設備をより良いものにしてもらうなどの相談をするようにして下さい。初期費用が安くならない代わりに「エアコンを付けてくれないか」「お風呂の機能を良いものにして欲しい」などの要望を伝えてみましょう。出来る範囲であれば、追加の費用をかけることなく注文を受け入れてくれる可能性が高くなります。この他に、高い初期費用が理由で港区にあるお気に入りの賃貸を諦めている人に朗報です。カードの利用が普及されていることから初期費用を分割で支払えるようになっています。なので、最初にまとまったお金を支払わなくてもよくなっているので安心して下さい。

広告募集中